☆ラヴァフェのカルテ☆☆DARI-HIGE☆☆

妖精の繭
[Fairy Cocoon]





[ Objet ]



付録





Loveafe (ラヴァフェ)のカルテ
※ Q&A

・Loveafe

・語源

・姿

・羽・翼

・性別

・性格

・知能

・言語

・階級

・繭の形

・人間との相違

・寿命

・転生

・存在の意味

・生息地

・人との関係

・Loveafe って 何?
妖精です。ラヴァフェは、種族名。           
TOP↑
・語源は?
Love + afe LOVE=愛 afe=翼
ヘブライ語系言語で、翼や、飛ぶという意味を連想させる
単語の最後に必ず、afe(アフェ)がついているものがある。
Love afe と、モトフサがなずけた。
人間の辞書には載っていない.
もちろん妖精辞典にはのっている。
・姿?
人間と同じ姿をしていて、美しく、肌の色は、季節や、
温度によって変わる。透明な時もある。(約5cm〜200cm)
TOP↑
・羽・翼は、はえている?
 生まれたばかりのラヴァフェの背中に、羽は生えていない。
ラヴァフェは、天使ととても仲が良く、天使は幼いラヴァフェに翼を与えてくれる。天使が翼から自分の小さな白い羽を抜き取り、ラヴァフェの背中に軽くさす。ラヴァフェは繭に入り、羽が翼に成長するまで繭の中でじっとする。しばらくすると、とても綺麗な翼が背中に生えてくる。
天使のような白い翼もあれば、蝶のような紋様の翼が生えてくる場合もある。
でも時々、頭や、お尻に翼を生やしたラバフェもいる。
・性別?
人間と同じ、男性・女性がいる。もちろん、
性同一性障害もある、おかまや、おなべもいる。
・性格は?
TOP↑
とても温厚で、優しい。どんな迫害をうけても、けして怒る事がない。けれど侵略からの防衛はする。彼等の勇気、闘争心は、他の種族の妖精達からも一目置かれて、尊敬されている。
ただ、決して妖精や人を傷つけるような事はしない。彼等は他の種族の妖精達とも大変仲が良く、慕われている、どのエリアも自由に行き来する事のできる、唯一の妖精である。
・知能?
とても賢く、人間の比ではない。
ラヴァフェ同士は 記憶や意識の伝達が、瞬時にできる。
意識を、離れた場所に移動 投影する事ができる。
ただ、しっかりと個々の意識の主体は守られ、独立している。
・言語?
TOP↑
ラヴァフェの処理、伝達能力は驚異的で、それは様々な現象を
言語に置き換える必要性のないほどである。
人間と話す時は、その人間の言葉で会話できる。
言語化される前の現象も同時に理解してくれる。
動植物とお話する事もできる。
・階級?
ラヴァフェの社会にも人間と同じような職業がある。
地位、階級は存在しない。
・繭の形は?
ラヴァフェは、それぞれ、好きな形の繭に入る。
繭の形は個々のラヴァフェの特徴を、反映している。
将来、そのラヴァフェがたずさわる職業もわかる。
・人間との解剖学的相違は? TOP↑
 羽、翼が生えている。その他は見た目、人類と同じです。
・寿命は?
ラヴァフェの寿命は正確には解らない。
1万7000〜9000年くらい。 
天使と違う所ーーー長いといっても、老いと寿命がある。
体はたいへん丈夫。病気にかかる事もあるが、軽く克服する。
先日、お亡くなりになったラヴァフェのおばあさんは、
「私の母は、ラスコ−の洞窟で、人間の子供達に絵を教えて
いたよ。」と、おっしゃっていた。
・転生したりする?
ラヴァフェは、生まれ変わる事はない。
TOP↑
・存在の意?

ラヴァフェの存在は、道ばたの石や、雨粒とおなじ。
個々のラヴァフェは、存在の意味を、それぞれに作り出し、
楽しむ。

・生息地は?
人間とほぼ同じ環境を好む。
・妖精と人間との関係は?

大昔から、人間の良き親友でもある。
妖精と人間に愛が生まれた場合、結婚して一緒に仲良く暮らして
いる人たちもいる。子供が生まれたかどうかは、秘密。

TOP↑

=☆ ART 工房 DARI-HIGE  ☆=
Copyright (C) DARI-HIGE WEB 1999-2002
YQB05152@nifty.com
運命の人 - Loveafe - ラヴァフェ - 妖精辞典 - FAIRYCCOON - 妖精の繭 - ラバフェ - 天使の駅 運命の人 - Loveafe - ラヴァフェ - 人類の未来 - FAIRYCCOON - 妖精の繭 - ラバフェ - 天使の駅